SNSと出会い系サイトの違い

いま人気のSNSなどでは、幅広い年齢層が利用していますが、出会い系サイトとはどこが違うのでしょうか。
簡単に言いますと、SNSは年齢制限がありませんが出会い系サイトは年齢制限があります。
基本的に出会い系サイトは未成年の利用は禁止されています。
18歳以上でなければなりません。
18歳でも高校生でならば登録できません。

出会い系サイトに関する犯罪が増えてきたために、法律で厳しく制限されているのです。
また、サイト側でも利用者の年齢を確認しなければならないという義務もあります。
大抵の場合は登録時に年齢認証が行われます。
違反すればサイト側が罰せられます。

出会い系サイトのなかには、この年齢確認を行っていないサイトも多くあります。
これらは基本的にほとんどが悪徳サイトです。
優良サイトであれば登録時に身分証明書などの提出を求められます。
登録時の年齢認証が厳しければ厳しいほど信用するに値するサイトだと言えます。
中には下限年齢だけでなく上限年齢を決めているサイトも存在します。
概ね65歳以上の利用は禁じられている場合が多いようですが、もちろん上限のないサイトも多数存在します。

こうした条件をクリアできない場合は、サイトによってはサイト内を覗くこともできません。
これくらい管理が徹底されているサイトでなければ信用できないということも言えます。